伝統工芸・クラフト体験

房州うちわ作り

房州うちわ作り 房州うちわ作り

  • 具体的な活動:
    房州は、四国の丸亀、京都と並んで日本の三大うちわのひとつで、丸柄に特徴があり、国の伝統的工芸品に指定されています。 房州うちわ作りは、原料の竹の選別から仕上げまで21の工程で作られますが、この体験学習では、「貼り」「断裁」「へり付け」の部分を体験します。
  1. 表紙の絵柄を選びます。
    ※事前に送付する表紙(和紙)に自分で絵を画いてオリジナルのうちわ作成も可能です。
  2. 指導者(職人)から作成方法の説明を受け、実演を見学。
  3. うちわ作りの貼りの工程を体験。紙を貼ったうちわを天日に干します。
  4. 乾いたら余分な竹の部分を裁断。
  5. ヘリの紙を張り付け完成。
  • 実施時期:通年実施可能
  • 活動人数:10~200名 (人数は調整可)
  • 活動時間:1.5時間
  • 服装・持ち物:普段着
    ※宿泊先等での出張対応もお受けできます
    ※雨天等実施可

房州うちわ作り

  • 活動状況

活動状況①うちわ作り体験は、「貼り」「断裁」「へり付け・仕上げ」を実施します。うちわに貼る表紙の絵柄を選びます。
うちわに貼る表紙(和紙)は、白紙を事前に学校へ送りし、生徒さんオリジナルデザインのうちわを作ることもできます。

活動状況②最初に職人さんが実演します。

活動状況③手順にしたがって丁寧に作成します。

活動状況④最後にヘリを付けて、自分だけのオリジナルうちわの出来上がりです。

印刷はこちら(体験詳細) 印刷はこちら(避難場所)